令和最初の観光は神戸【北野地区編】

3日目は北野地区を観光します
北野地区はホテルから目と鼻の先なんです

当初の計画では駅前の”にしむら珈琲”さんで朝食でしたが
三宮駅とホテルを往復する非効率を避けるため
昨晩、地元の美味しいパン屋さん”イスズパン”で山食と
コンビニ惣菜を買い込み、ホテルで朝ごはんを食べる
画像

トーストしたらより美味しいのだろうと思いました
当然の結果かな

この日の観光は
事前にピックアップした館だけを巡り
灘の酒蔵地区も散策する計画

さて、問題なのは荷物・・・
コインロッカーは三宮駅付近にしかなさそうだし
しかたなく殿がトレーニングを兼ねて
荷物を抱えながらの観光です

北野の坂道
とっても急ですね
これは横浜の山手を超えてますね

まずは北野天満宮
おや、ここは
平清盛が拠点にしていた場所なんだ
画像

ここから風見鶏の館も見えます
画像

では本命、風見鶏の館
とても優美な形をしていますよね
画像

部屋ごとにテーマがあるみたいで
壁紙もインテリアも面白いわ
画像

タバサはレースカーテンの仕組みが
我が家に応用できないかをじっくり観察
こんなお家に住んでみたいですねぇ
画像

お隣の萌黄色の館
画像

室内も萌黄色で統一されていて
調度品も味があります
ピアノにはロウソク立てもついています
当時は電気なんてないもんね
画像

TVドラマのロケ地や漫画でも度々登場するようです
よいわぁ~~


昨年の台風の影響で
3つあった煙突が2つも破壊されてしまったようです
こちらは落下した煙突が
当時のまま保存されています
画像

煙突が3つもあったなんて
なかなか珍しい建物だったんですね

広場の前にはジェラート屋さん
殿がうながす
そう、昨日「おしゃれな館で、おしゃれな甘い物を食べたい~~」
と訴えていた私
画像

う~~ん・・・これじゃないんだけど・・・
確かに食事を提供している洋館は無さそうだし・・・
ってことで、いっただきまーす
画像

裏手のトイレで用も済ませておこう
すると・・・
公衆トイレまでおしゃれじゃぁ~
画像

画像

うろこの館を通り過ぎ山手八番館へ
すると、受付で3000円の
8館プレミアムパスを勧められる
色々聞かされていたら”何が得なのか”解らなくなって
面倒くささも相まってプレミアムパスを購入してしまった

結果、灘の酒蔵地域の観光を取りやめて
北野地区を満喫することにしました
(殿は楽しみにしていたのに・・・ごめん

山手八番館
画像

外観はごっついイメージ
木製の彫刻類がずらりと並んでいた
私達には少し異様な感じにみえる
これは「ドン・キホーテ・べらまんちょ」(そんな感じの名前だったよね)と
召使の・・・「セバスチャン」かな
画像

この館の名物”サタンの椅子”
お願い事をして座ると叶うのだとか

”サタン”というから
もっとおどろおどろしい物かと思ったけど
なんか普通の椅子

とりあえず座ってお願いしてみました
画像

ツタンカーメンをあしらったエジプト風の部屋も

次は北野外国人倶楽部
ここは女子に人気のスポットですね
プレミアムパスではドレスの試着&撮影もできるのですが
行列が出来ているし
おばば様には不向きなのでパス

他の部屋もインスタ映えするように作られていました
画像

私的には召使いの部屋とキッチンが
素敵だったなぁ
画像

といいつつ・・・お気に入りのドレスと記念撮影
画像

坂の上の異人館
こちらは中国テイストですね
画像

パワースポットの狛犬の通りぬけ
画像

大理石を使っていたり螺鈿張りの椅子など
調度品も豪華
だけど・・・それほど好きなインテリアではないから
サラッと見学

少し戻って、うろこの家へ
一度は素通りするつもりだったお家だけど
流石に素晴らしいわ
画像

ムーミンのお家に似てる
可愛い~~~

それぞれの部屋に住んでいる人の
生活を感じさせる小道具も置かれています
ゴルフにスキーにカメラ
タイプライターが興味を引きました
画像

窓からの眺めも素敵
画像

先ほどの風見鶏の館よりも低い位置にあるので
景色の見え方も違いますね
やはり、高い位置のお家の方が
お金持ちなんでしょうかね

庭にはイノシシの像
お鼻を触るといいのだとか
画像



オランダ坂を下ると
廃墟になっている洋館もありました
画像

少し手入れを始めている感じが見受けられました
数年、十数年後には素敵な洋館として
甦る日が来るのかもしれません

随分下ってきたら観光地らしいザワザワとした雰囲気
ラインの館は無料で入れるのよぉ~
画像

ここは貴重な調度品はほとんどなく
気軽に内覧できます
トイレもあってホッとできる洋館です
帽子やショールが置いてあって
ちょっと楽しい
画像

そしてもう一段下はバス通りになっています
対面には3館が連なっています

ベンの家
こちらは動物のはく製が
数多く飾られています
英国の貴族だった持ち主が
世界中から集めたものらしい
「殿~~~後ろ!後ろ!」
画像

う~~んあまり良い趣味とはいえないなぁ~
でも、楽しい
”白オオカミ”と一緒に記念撮影
画像

殿の好きな?熊
テーブルの脚にもなっています
画像

洋館長屋
こちらはアールヌーボーなインテリア
どうやら私はアールヌーボーは好きではないようです
画像

英国館
殿も楽しみにしていた館
シャーロックホームズをテーマにした館だ
画像

入るとすぐにホームズのコートと帽子を
無料で利用できる
早速、試着し館内を散策
画像

ホームズのストーリーに沿って作られた部屋
ファンならどれもこれも興味深々だろう
何時間でも居られる空間みたい

作品を知らない私には
それが何を示すのか解らず
面白さも半分以下です
作品を読んでみたい気持ちになったわ
画像

こちらのバーカウンターは
夕方から実際に営業するんですね
殿も興味深々です
画像

なぜか不思議の国のアリスのうさぎさんが
画像

お庭もイングリッシュガーデンです
画像

アリスの絵本も発見
画像

一番楽しめた施設ですね

その向かいにはトリックアートの館
こちらも利用できるのですが・・・
荷物を持ちながらの観光は
おじい・おばあには負担が大きすぎる
混雑必至だし
「十分楽しんだよね」ということで
スルーして三宮へもどり
昼食を食べて帰途に着きました
(詳細は別記・長田タンク筋&にしむら珈琲)

3日間遊び倒したわぁ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック